フィリピン留学にかかる費用はいくら?費用をおさえるコツも紹介!

フィリピン留学にかかる費用はいくら?

こんにちは!
元留学アドバイザーの めぐみ です。

フィリピン留学で早めにチェックしておきたいのが、「留学費用はいくらかかるのか」です。

なぜなら、お金が足りないならそもそも留学には行けないから。他の準備に時間をかける前に、全体の費用を知っておきましょう。

今回は、フィリピン留学費用がいくらかかるかを解説します。

予算がギリギリという人に向けて、費用をおさえるコツも紹介するので、参考にしてくださいね。

フィリピン留学にかかる費用はいくら?

フィリピン留学にかかる費用はいくらか発表します。語学学校に通った場合の費用を試算しました。

(1フィリピンペソ=2.5円で計算)

結論からいうと、かかる費用は1ヶ月で約24万円〜、1年で約247万円〜です。

内訳には以下の金額が含まれています。

項目1ヶ月1年
学費(語学学校)+ 滞在費+ 食費18万円〜25万円216万円〜300万円
航空券代(往復)2万円〜6万円
保険代7,000円〜15,000円84,000円〜18万円
ビザ関連15,000円〜16,500円13万円〜15万円
パスポート発行11,000円〜16,000円
生活費5,000円〜1万円6万円〜12万円
フィリピン留学にかかる費用

これから、各項目について詳しく説明しますね。

学費

通常、学費は、授業料や教材費、入学金で構成されますが、フィリピンで語学留学をする場合は滞在費と食費も含まれることが多いです。

入学金は、学校に申し込む際に支払うもので、相場は1万円〜2万円くらいです。

学費は教材費や入学金、滞在費も全て込みで18万円〜25万円ほどですが、受講コースや週の授業時間などによって変動があります。

ちなみに大学の学費相場は以下のとおりです。

大学の学費相場(年間・学士プログラムの場合)

  • 国立大学:8万円〜10万円
  • 私立大学:10万円〜40万円
  • 州立大学:2万円~4万円

いずれにしても、日本の大学に比べ、授業料がかなり安いですよね!

ちなみに学士過程は日本と同じく4年制で、早期卒業することも可能です。

航空券代

航空券代は、2万円〜6万円ほどです。

ただし、渡航する時期や購入のタイミングで金額が変わります。

GWや年末年始などの長期休暇は値段が高いので、長期休みの前後が狙い目。購入時期を早めにするのも良いでしょう。

保険代

保険代は、月7,000円〜15,000円ほどかかります。

学校のルールとして保険の加入を義務にしている場合があるので、事前にルールを確認しましょう。

また、フィリピンの治安は日本と比べると良くなく、例えば窃盗はよく起こります。

衛生環境もあまり良くなく病気にかかる可能性もあるので、さまざまなリスクに備えるためにも、保険の加入は強くおすすめします!

SSP(Special Study Permit)費用

SSPとは、観光ビザでフィリピンに滞在し勉強するために取得する必要がある就学許可証のこと。取得費用はおよそ15,000円〜16,500円です。

この許可証には有効期限があり、期限は1回の申請で6ヶ月です。

よって、6ヶ月以上滞在する人は、再度申請することになります。

転校をする場合は、6ヶ月未満の滞在でもSSPの再申請が必要になるので注意してくださいね。

ビザ延長費用

ビザの延長をする場合の費用は、1回あたり7,000円〜9,000円ほどかかります。

対象者は30日を超えて滞在する人で、この申請は4週間ごとに行う必要があります。(30日以内の滞在なら手続き不要)

また、多くの場合この延長手続きは学校が代行するため、代行の手数料もかかります。

ACR-I(Alien Certificate of Registration Identity)カード費用

ACR-Iカードとは、「外国人登録証」のことで、滞在の期間が59日を超える場合に取得する必要があります。

費用は約3,500ペソ(約8,750円)です。

ECC(Emigration Clearance Certificate)費用

ECCはフィリピンを出国する時に必要な出国許可証です。

フィリピンでの滞在が6ヶ月以上になる場合は取得が求められます。

この許可証を持っていないと出国ができないので注意してください!

費用は約1,210ペソ(約3,025円)です。

許可証には有効期限があり、発行から1ヶ月間です。

そのため、滞在期間が1ヶ月を切ってから申請しましょう。

パスポート

パスポートを持っていない場合は、新規に発行する費用もかかります。

金額は、パスポートの有効期限によって異なります。

パスポートの発行費用

  • 有効期限が5年の場合:11,000円
  • 有効期限が10年の場合:16,000円

この他に、パスポート用の写真撮影代や戸籍謄本などの取得の費用もかかりますよ。

(参考:パスポートの申請から受領まで

滞在費

滞在する家により、相場は変わります。先に説明しましたが、語学学校では、学費に滞在費が含まれているのが一般的です。

家のタイプは、学生寮、コンドミニアム、ホテルなどから選べ、部屋も1人部屋〜大人数の部屋まで選択肢は豊富です。

なお、インターネット利用料は家賃に含まれていることが多いですが、通信速度が遅いケースもあります。

通信速度を重視するなら、別途SIMカードを購入したり、ポケットWi-Fiを契約することも検討しましょう。

生活費

生活費は食費、通信費、交通費、交際費などのことを指します。

これらの中で食費に関しては、学費に含まれている場合もあります。

スーパーで買い物する場合、大抵の商品は日本よりも安く手に入りますが、海外旅行者向けの飲食店の値段は日本と大差がありません。

フィリピン留学で費用をおさえるコツ

次に、フィリピン留学で費用をおさえるコツも解説します。

留学エージェントの割引を使う

留学エージェントを通して学校に申し込むと、通常価格よりも授業料が安くなる場合があります。

詳しくは、フィリピンの留学を扱うエージェントに問い合わせてみましょう。

有料アクティビティへの参加を控える

語学学校では、放課後に参加できるアクティビティがあります。

ただ、中には有料のものも含まれるため、知らずに参加すると、想定外の費用が発生します。

アクティビティの参加費をよく確認し、無料のものや、あまり費用のかからないものに参加しましょう。

LCCを使う

飛行機はLCC(格安航空券)を使えば、コストをおさえられます。

航空券の値段比較サイトで検索したり、格安航空券を手配してくれる旅行会社や留学エージェントを探すなどして、渡航費をできるだけ安くおさえましょう。

フィリピンの格安航空会社、Cebu Pacificのウェブサイトから直接予約するのもおすすめですよ。

予算を考慮した上で時間割・コースを決める

語学学校では、週の授業時間数やコースにより授業料が変動します。

そのため留学予算を決めておき、予算の範囲内で学べるコースを選ぶことで、費用をおさえることができます。

大部屋に住む

先に説明したとおり、語学学校の滞在先は大部屋が選べるケースが多いです。

そして当然ながら、個室や2人部屋などと比較して家賃は安くなります。

よって節約を重視するのであれば、迷わず大部屋を選びましょう。

まとめ

今回はフィリピン留学の費用・費用をおさえるコツについて解説しました。

最後に費用を確認しておきましょう。

語学留学の費用(1フィリピンペソ=2.5円で計算)

  • 1ヶ月:約24万円〜
  • 1年:約247万円〜

お金が足りそうな場合は、フィリピン留学を扱うエージェントに具体的な留学相談をしてみましょう。

フィリピン都心

まだお金が足りないな……という人は、日本で資金を貯め、英語の勉強もしながら留学準備をしましょう。

英語学習におすすめの書籍は、本サイトの「英語勉強の書籍」のカテゴリに載せているのでチェックしてみてくださいね!