イギリス留学にかかる費用はいくら?費用をおさえるコツも紹介!

イギリス留学にかかる費用はいくら?

こんにちは!
元留学アドバイザーの めぐみ です。

イギリス留学に行きたくても、お金が足りなければできません。

そこで今回は、イギリス留学費用がいくらかかるかを解説します。

費用をしっかり理解し、資金計画を立てましょう!

あまりお金をかけずに留学したい人に向け、費用をおさえるコツも紹介するので、参考にしてくださいね。

イギリス留学にかかる費用はいくら?

イギリス留学にかかる費用はいくらか発表します。語学学校に通った場合の費用を試算しました。

(1ポンド=164円で計算)

結論からいうと、かかる費用は1ヶ月で約37万円〜、1年で約255万円〜です。

内訳には以下の金額が含まれています。

項目1ヶ月1年
学費(語学学校)7万円〜17万円84万円〜204万円
航空券代(往復)10万円〜20万円
保険代8,000円〜2万円10万円〜24万円
ビザ(学生ビザ)約6万円
パスポート発行11,000円〜16,000円
滞在費7万円〜18万円84万円〜216万円
生活費5万円〜8万円60万円〜96万円
イギリス留学にかかる費用

これから、各項目について詳しく説明しますね。

学費

語学学校の学費は、1週間で約100ポンド〜260ポンドかかります。

通常は、通学期間が長い方が、週あたりの授業料が安くなります。

※入学金や教材費は別途かかる

大学の学費相場は以下のとおりです。

大学の学費相場(年間・学士プログラムの場合)

  • 約11,400ポンド(約187万円)〜 32,081 ポンド(約526万円)

引用:Save the Student

航空券代

航空券の相場は、往復で10万円〜20万円ほどです。

※渡航時期や購入のタイミングにより、金額は変動します。2月や6月は航空券が安傾向あります。

保険代

保険は日本の海外旅行保険現地の保険の2種類に分けられます。

一般的には、日本の方が保険料が高いですが、補償は充実しているというメリットがあります。

現地の保険にはNHS(National Health Service)というものがあります。

この保険に入れるのは、学生ビザやワーキングホリデーで6ヶ月以上滞在する人です。

現地保険は保険料が安いものの、補償は医療などに限定されており、盗難や飛行機遅延などの補償は対象にならないので、気をつけてください。

ビザ

6ヶ月以上滞在する場合は、事前にビザの申請が必要になります。費用は以下のとおり。

主なビザ取得にかかる費用

  • 観光ビザ(6ヶ月):100ポンド(約16,000円)
  • 短期学生ビザ(11ヶ月):200ポンド(約33,000円)
  • 学生ビザ:363ポンド(約6万円)
  • YMS(ワーキングホリデービザ):259ポンド(約42,000円)

パスポート

パスポートを持っていない場合は、新規に発行する費用もかかります。

金額は、パスポートの有効期限によって異なります。

パスポートの発行費用

  • 有効期限が5年の場合:11,000円
  • 有効期限が10年の場合:16,000円

この他に、パスポート用の写真撮影代や戸籍謄本などの取得の費用もかかりますよ。

(参考:パスポートの申請から受領まで

滞在費

費用は、暮らす家・部屋のタイプにより変わります。安くおさえるならシェアハウスがおすすめです。

水道光熱費やインターネット利用料は、家賃に含まれている場合とそうでない場合があるので、事前に確認しましょう。

家賃の相場は以下のとおりです。

家賃の相場

  • ホームステイ:月12万円〜15万円
  • シェアハウス:月7万円〜10万円
  • 学生寮:月13万円〜18万円

また、ホームステイや学生寮の場合、部屋を手配する手数料もかかります(約1万円〜3万円)。

生活費

生活費には、食費、消耗品費、携帯代、交通費などが含まれています。

イギリスは日本より物価が高めで、とりわけ外食中心だと食費がかかります。

通信費(携帯料金)は月額で4,000円〜6,000円くらい。

交通費は、オイスターカードと呼ばれる、交通系ICカードが利用可能で、月額で約150ポンド(25,000円)ほどかかると見積もっておきましょう。

イギリス留学で費用をおさえるコツ

次に、イギリス留学で費用をおさえるコツも解説します。

留学エージェントの割引を使う

語学学校などに留学エージェントを通して学校に申し込むと、通常価格よりも授業料が安くなる場合があります。

詳しくは、イギリスの留学を扱うエージェントに問い合わせてみましょう。

奨学金に申し込む

学校に通うことを計画している人は、日本や海外政府・教育機関などが提供している奨学金に申し込むのも一手。

以下は、イギリス留学で使える主な奨学金です。

イギリス留学で使える主な奨学金

日本学生支援機構の「海外留学奨学金検索サイト」を活用して奨学金を探すのもおすすめです!

格安航空券や乗り継ぎ便を利用する

飛行機は格安航空券や乗り継ぎ便を利用すれば、渡航の費用が節約できます。

航空券の値段比較サイトで検索したり、格安航空券を手配してくれる旅行会社や留学エージェントを探すなどして、お得な航空券をゲットしましょう。

ただし、乗り継ぎ時間がとても短いものや、乗り継ぎ回数が多い航空券もあることに注意してください。

特に乗り継ぎ回数が多いと、総移動時間は20時間を超えることも珍しくないです。

できるだけ自炊をする

イギリスは、外食費用が日本と比べて1.5倍〜2倍ほど高くなっています。

一方で、食品は日本と同じくらいか安いものも見つけられるので、できるだけ自炊をすると節約できますよ。

学割を活用する

イギリスでは、学割が使えるお店やサービスなどがあるので、うまく使えば節約になります。

学割を利用するには学生証や学校のメールアドレスを求められるケースが多いので、準備しておきましょう。

以下に、学割が使えるお店を紹介した記事を載せておきます。

現地でアルバイトをする

現地でアルバイトをするのも、生活費をカバーするのに有効な方法です。

日本よりも最低賃金が高い(23歳以上の場合9.5ポンド:約1,600円)ので、余裕がある人はぜひ挑戦してみましょう!

まとめ

今回はイギリス留学の費用をおさえるコツについて解説しました。

最後に費用を確認しておきましょう。

語学留学の費用(1ポンド=164円で計算)

  • 1ヶ月:約37万円〜
  • 1年:約255万円〜

お金が足りそうな場合は、イギリス留学を扱うエージェントに具体的な留学相談をしてみましょう。

イギリス・ロンドン

まだお金が足りないな……という人は、日本でお金を貯めながら、英語学習をして留学準備を進めましょう。

日本で英語力を身につけていれば、語学学校に通う期間が少なくて済み、結果的に留学費用も安くおさえられますよ。

英語学習におすすめの書籍は、本サイトの「英語勉強の書籍」のカテゴリに載せているのでチェックしてみてくださいね!